いったい何でしょう…?

2007.07.19 #絨毯・キリム

「週1?ブログ」ってことで12日ぶりの更新。1週間が早いです。

猿…?
犬…?

剣を持ってる…?

獅子っぽい?
背中に何かが出てる…?

全部「ライオン」のつもり!
イラン、ファース州のカシュガイ族らが作ったライオン・ラグと呼ばれる絨毯です。
当店のホームページから来られた方はご存知かも知れませんが、実はティーズの隠れ看板商品なんです。その中でもこの子たちは非売品。私のコレクションでゴザイマス…。古いものが大半で10点余り。在庫としては100点近くあります。自慢じゃないですが、遠慮気味に言っても日本有数です。

それにしても自由な表現というか何でもありっていうか、およそライオンらしくないもののオンパレードでしょう?
ちなみに上から2番目3番目のライオンはイラン革命前までの国旗の中央に鎮座していたライオンのつもり。剣を持ち背中からは太陽が上っているいうアレです。そう聞いて改めて見ると…「なるほど」と思っていただけましたか?
でもこんなの序の口なんです。とんでもないのがいっぱい。

毎日「当たり前に美しいペルシャ絨毯」を扱っていると、この気の抜けるような癒されるようなライオン・ラグについついフラッと来て、いつの間にかこんなになってしまいました。

カテゴリー

年別一覧