懐かしい! クムウール

2007.09.16 #絨毯・キリム

世間は三連休だからなのか、そこそこ忙しい1日でした。
しかしまだまだ暑いですよね。早く絨毯が恋しい気温になって欲しいものです。(何℃かな?)

本日の物件は私にとって懐かし~~い絨毯です。
上の画像だけ見てどこの産地か解かる人は少ないと思います。

正解→シルクの絨毯で有名なクム産です。

私がこの職業にかかわり始めた20年以上前頃、いわゆる有名工房というのが台頭して来ました。当時ラジャビアン工房(バラのモチーフで有名ですよね)と、このラシティザーデ工房が頭ひとつリードしていました。当然マスミ工房なんてない時代です。
わりと派手なラジャビアンに対してラシティザーデは地味というか、モチーフが遊牧民の文様にインスパイアされたもの等をはじめ、幾何学文様や直線基調の個性的なものが多くひとクセありました。しかし「う~ん、やるねえ~」って感じの凝ったデザインで大好きな工房だったのです。

上の画像の通りサイン部もサブボーダーに隠すように織り込まれています。昨今の工房モノの絨毯のように目立ったところにドカ~ンとサインは入れていないところに好感を持ったものです。
しかし程なくして絶頂期にもかかわらず、ラシティザーデ氏は引退してしまったのです。

そして最も重要なこと…この絨毯はオールシルクではないのです。商品として流通していたものはほぼ100%シルク製でした。しかし実は稀に自家仕様のような感じで特別にウール製を制作していたのです。
この絨毯はパイルは殆どがウール。一部にのみシルクが用いられています。ちなみに縦糸はシルクで結び自体は細かいものです。約20~25年経過しておりウールにも艶が出て柔らかさも増し、その上古色も僅かに出始め抜群の状態です。でもシルクのものよりリーズナブル価格!

しかし、この絨毯も結局マニアック。簡単には売れないでしょう。多分業界の方をはじめプロにはウケはいいでしょうが…。

カテゴリー

年別一覧