先日の…

2013.04.11 #その他

A.です。

「上質な?上等な?ウールのパイルだけでつくられている事」

という条件を満たした上で、さらに、

「コストパフォーマンスにも優れている絨毯」

という条件を満たすもの。でした!

「えっ~?」って思われた方も多いかもですね。
ウール製のペルシャ絨毯って「なんぼでもあるんちゃうん?」と思いませんか?

実はウール/シルクのいい絨毯なら、それなりに見つける事は出来ます。
ナイン産やタブリーズ産、近作のイスファハン産…。

でも、パイルがウール100%限定となると案外無いですよ。

ちなみに、ヒント画像のイスファハンはいわゆる「コルクウール」が使われているビンテージな逸品でした。
当然パイルにはシルクは用いられていません。ウールのみです。

そんなコルクウールの感触をリーズナブル?に味わいたいとなると…

お客様曰く、「どこへ行っても探せなかった、出てこなかった。」そうです。
なので、わざわざ1泊2日で神戸まで探しにこられたとのことです。

で…ウチの店ではそんな絨毯が出て来る、出て来る。

最終的には…

約70~80年前に制作されたアルデビル産の絨毯ですが、
その内の約35年間は布に包まれた状態で保管されていた「箱入り娘」です。

当然、状態も良く色も熟成、昔の織り子による丁寧な結び。
もちろん素材は上質のウールのみ!大きさも使いやすいパルデサイズ。

そして、多分もう1枚。泥沼な絨毯がお気に入りになられたご様子で…
(コレは皆様の想像にお任せします)

どうもありがとうございましたm(_ _ )m

カテゴリー

年別一覧