世界一の絨毯?

2009.02.20 #絨毯・キリム

「世界一の絨毯」?といっても…

「大きさ」ではアラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビ首長国の郊外に建設され、2007年にオープンしたシェイク・ザイード・モスクに敷かれているペルシャ絨毯です。

何と5,627平方m!とか7119平方m!らしい。

50m x 100m としても 5,000平方m…

上の画像は完成時、イランでお披露目したときのものです。

(以前、ネット上にあったものを保存していたもので、どこからお借りした画像か覚えていません。差し支えがある場合はご一報下さい。削除しますので…。)

ということで、最大では「アラブ首長国連邦」

らしいと言えばらしいですよね。$オイルマネー$にビッグカーペット。
狭い日本にはカンケーない…感じです。
ウチに在庫している12平方m、つまり 3m x 4m の絨毯が何年も売れないんですよ。大きすぎるってことで…

では、「小さい」?ではなく、

「世界一、細かい結びの絨毯」、「世界一、緻密な絨毯」

何となく、「日本」が似合っていると思いませんか?
「日本」に輸入されている?

大正解!日本にあります。

1平方cmあたり、1,600ノット!!!
わずか1平方mmに16ノット!!!、たったの1mm四方ですよ!
絨毯という概念は越えています。

上の画像の目盛りは1mm、見えている範囲は1cm角ですよ。

わかりにくいですよね。
では…

爪楊枝とのツーショット。

はっきり言って、肉眼ではムリ…。

実を言うと、この絨毯は私の持ち物ではありません。
なので残念ながら、これ以上の画像や詳細データーの公開はNGです。

旧知のイラン人の方に、裏表を見れる状態で額装できないかという相談があったのです。

額内に固定した上で、裏表見えるようにするには…
フリンジ部分を保持し、ルームにかかった状態(制作時の状態)のするのが絨毯にとって最もダメージがかからないと思い、木で枠を作ってもらいました。内部はフリンジを挟み込んで、ピンと張れるように仕掛けをして…

そして本日午前中、これを上手くセットして額に納めるべく額装のスペシャリストにオーダーを出した次第です。

デビューは来月、イラン大使館で行われる日本・イラン80周年の記念行事です!

一応、買おうと思えば………買えるそうですよ!!!

もし、事前に押さえたいという方がいらっしゃれば???、

「是非、当店にご一報下さいませ!」

………………………………………………………………………………..

カテゴリー

年別一覧