「ナイン・ツデシュク」とか「トゥーデシュク」とか「ツデシク」が…

2012.06.01 #絨毯・キリム

.

充実しました。

こういった隙間を揃えるのが大好きです。

そう、ペルシャ絨毯業界の隙間市場。
でも、ペルシャ絨毯市場自体が十分に隙間でニッチな市場。

だから隙間市場の中の隙間アイテムを扱う隙間なショップ。

まあ、隙間が狭過ぎるけれど
需要はそれなりに…無いか(笑)?

そんなことは気にせず、行ってみよ~!

まず、以前記事にしたコレ
白鶴美術館さん所蔵品ネタでしたね。
私は1930~40年頃の制作と見ています。

で、その後こんなのが入荷…

あ~ええ感じやわ~。
「焦らさないで全部見せて~」ですって?

ハイハイ、どうぞ、どうぞ。

誰もわからないと思って、アンティークペルシャ絨毯のブースではなく
店内に展示してしまいました。

これも1930年頃の制作と思われます。

そして

いちばん外側の赤がなければ、そのまんま普通のナインです。
多分、1940年頃のツデシュク最後期のものと思われます。

画像では「フツー」な感じですが、この頃の材料、サイコーです。
結びも丁寧な上、最近の名ばかりのシシラ・クラスより細かいです。

最後に1920年代と思われるコレは

なかなか良い古色、味わいでございます。

う~ん、自分で書いていてもニッチ過ぎる…と思う。

もし、「ナインのツデシュクを見比べて買ってみたいな~」
って言う 変態な マニアックな 方が、日本全国にひとりでもいらっしゃれば…

ウチはとても良い店ですよ!

カテゴリー

年別一覧